足の臭いを消す足の洗い方と重曹足湯

datumou-226x340足の臭いを消すには、足の洗い方も影響します。 足の臭い対策は、なんといっても足を清潔にすることです。臭い足を洗うには洗面器にお湯をはり、足をつけて足に水分を吸わせます。シャワーより、足湯などでしっかり湿らせる方が、汚れが浮き上がって落としやすくなります。

また手のひらを使って石鹸を泡立てます。湿効果をうたったボディソープや石鹸は足の臭い対策には向いていません。 足用とそれ以外の部分で石鹸を使い分けるなどして、殺菌効果をうたった石鹸を足の臭い対策として使った方が良いです。

手の指などを使って、足指の間を重点的にやさしく洗います。 悪玉菌を落とすためだからといって、ゴシゴシと力を入れて洗うのはよくないです。爪の両脇なども手の指を使って念入りに洗い、足全体も手で包むようにしながらしっかり洗います。そして石鹸カスが残らないようにしっかり流し、清潔なタオルで、指と指の間までしっかりと、水分を拭き取ります。

足がしっかり乾いてから靴下を履きます。じめじめしている間は靴下を履かないことです。

足を丁寧に洗っても、足の臭いが落ちない時は、重曹足湯が効果があります。重曹湯が足の臭いに効くのかと言うと、、重曹は臭いのもとになる成分を中和してくれる効果があるからです。重曹を溶かした湯は“弱アルカリ性で、嫌な足の臭いのもとであるイソ吉草酸が弱酸性なので、重曹湯に足を浸すことで、足洗いでは落としきれなかった原因成分が中和されます。臭いが強いひとは、数日間、毎日行うとよいです。

重曹足湯の方法は、洗面器にお湯を入れ、大さじ2〜3杯の重曹を入れて溶かし、そのお湯に10〜20分ほど足を浸すだけです。

続きを読む

足の匂いをばれたくない人へ 靴は替えていますか?

1309225top足の匂いが気になっていませんか?なんでも男性よりも女性の方が足が匂うそうですが、この事はもう多くの人が知っているのでないでしょうか?足の匂いが気になって靴を脱ぐことをためらう。彼氏に足の匂いをばれるのが怖い。そんな女性も多い事でしょう。そこで、足の匂い対策について見ていきましょう。

・同じ靴を続けて履かない

 足は清潔にする事が大事です。そのためには同じ靴を2日続けて履かない。靴下は頻繁に取り替える事が重要です。例えば、OLさんの場合ならだいたいは2日続けて同じ洋服は着ていかないですよね。靴だって同じ靴を履いていってはいませんよね?問題になるのは仕事中に違う靴に履きかえていますか?という事です。当然、1日中同じ靴を履いているとムレがひどくなります。したがって、仕事用の靴をもう1足持っているとよいでしょう。オフィスに着いたら履き替える事ができるからです。そして、通勤用に履いてきた靴に関しては、脱いだら靴の中にペーパータオルなどを入れて形を整えて、湿気を取り除くようにしましょう。こうしておく事で帰りには、またさっぱりとした感触で靴を履く事ができます。それから靴の素材にも気を付けましょう。天然素材のものならば、水分も汗も吸収しやすいので手入れしておきましょう。休みの日には陰干しをして、風邪を通す。そうすると靴がさっぱりした状態になります。最後に女性は美容に気を使うと思いますが、まさか足が臭いなんていうのは、男性からしたら正直ショックになる人も多いと思います。そうならないためにも、足の匂い対策は普段から行っておきましょうね。

続きを読む

足の臭いを消す方法について。

3足はとっても臭くなりやすい部位です。足は靴下を履いてさらに靴を履くので、高温多湿の状態になりやすく、革靴やブーツをはいた場合、10分程度で湿度は100%になり、この環境は細菌の繁殖するために最高の環境で、細菌が繁殖するほどニオイ物質がつくられるため足は臭くなりやすいです。素足や靴下は毎日洗いますが、靴は洗われることがほとんどありません。靴はきちんとケアが必要です。

足の臭いのケアには3つのものがあります。素足と靴下と靴です。

素足のケアで大切なことは、何よりも清潔。お風呂に入ったら足の指と指の間などをしっかり洗います。洗うということは汗と菌とニオイ物質を洗い流すことになります。また水虫などがあるとニオイ菌の繁殖が盛んになるので、強烈にクサクなる要因になるので、 水虫の疑いがある場合は、皮膚科で見てもらうことが大切です。

靴下のケアは最も足をクサクする要因です。靴下さえ臭わなければ足の臭いの対策は万全と言っても過言ではありません。沢山汗が出る足です。その汗を吸取った汗を栄養にニオイ菌が繁殖するのも靴下です。ニオイ菌が作りだしたニオイ物質を蓄積していくのも靴下です。足がクサイというとき、その実態は靴下がクサイのです。なので1時間おきに靴下をはきかえれば、足のニオイは、激減します。

3つ目に靴ですが、素足や靴下は毎日洗ったり洗濯したり出来ますが、靴はほとんど洗えません。靴は1週間どころか何ヶ月も何年も洗わずにはいてる人が多いと思います。靴のケアで大切なことは、毎日同じ靴をはかないことです。そして一日はいた靴は陰干しするなどして十分に乾燥させ菌の繁殖を防ぎ、付着したニオイ物質を放出させます。また除菌スプレーなども有効です。

続きを読む

臭い足の原因は冷や汗だった

af9940073769w私の足は臭かった。とても臭くて、家族に嫌われていもした。多分職場の皆さんにも迷惑をかけていたことと思います。特に忘年会や送別会は畳に座ってしますから、私の隣に座った人は足の臭いにご馳走も拙くなったかと思っています。  

足が年中臭いことは私も気が付いていますから、換える靴下を用意したり、職場で足を石鹸つけて洗ったりして臭い消しに努力しているのですが消えません。靴は毎日替え、靴底には臭い消しを敷いて努力を重ねているのですが余り効果が出ません。  

これだけやっても臭いが消えませんから、足の臭いのは体質だとほぼ諦めていました。この何ともしょうのない臭い足ですが、時たま年に1回か2回位ですが、足の臭いが完全に消えることがありりました。何か原因があるのだろうと思いましたが、掴みようはありませんでした。  

この原因が分かったのは退職してからのことでした。今は足が全く臭いません。試しに同じ靴下を1週間履いたのですが、不思議なことに臭いは全くしません。石鹸の臭いがするだけです。不思議なものだと思いましたが、身体の何かが変わったのだろうと思っていました。  

ある時その原因が分かる機会がありました。その日は習い始めた楽器の練習日でした。緊張のしっぱなしで、冷や汗をかくのが分かりました。家に帰って靴を脱ぐとなんとあの懐かしい臭いがするではありませんか。なるほどと思いました。臭いの原因は冷や汗だったのです。緊張した時に出る汗が、靴の中で雑菌と混じり体温で蒸れて臭うのだと確信しました。  

私の対策は出来るだけ冷や汗が出ないように心の安定を図ることにすることです。

続きを読む

足の臭いを軽くするには

5夏場には革靴、冬場にはブーツから来る足のムレ。
そこから発生する足のニオイ。
自分自身でも嫌な臭いを感じることがあるのに、靴を脱ぐ場面に遭遇すると周囲の目が気になりますよね。

ずっと気になって相手とのお食事や会話も楽しめない。
そんな思いをしたくないならば、普段からの足のこまめなケアは必要です。
特に気になる夏場の足のケアについては、とにかくこまめにケアがモットーです。

私の足臭を治す方法をご紹介します。

私も長時間歩かなければならない時は、それなりの足のケア準備をします。
まず、足に直接塗るクリームやスプレーで臭いのモトを少しでもブロックします。

次に靴の中の臭いを抑えるスプレーで脱いだ時のニオイを軽減します。そして長時間、密閉された棚の中やロッカーの中に閉まっておく場合は、無臭の脱臭剤を一緒に入れておきます。そうすることで密閉されたなかでのニオイが残りにくくなります。

なんといっても重要なのは、靴を日当たりの良い場所で日干しすることです。汗などで靴のなかを湿ったままにしておくのは、靴の傷みをはやくしてしまいます。日光は殺菌効果もあります。そして足を洗う時は無臭のソープを使用し素洗いに近い状態で丁寧に洗います。自分も相手もお互い気持ちよく接するためには、相手に不快な思いをさせないことです。自分はそこまで大丈夫と思っていても、ニオイは他人の方が感じやすいものです。これからブーツを穿く季節にもなります。最低限の足のケアは毎日心がけていきたいですね。

続きを読む